スプライトを自動で動かす

続いて前項で作成したスクリプトを改造して、ネコを歩かせてみましょう。以下のように、「10歩動かす」のブロックをひとつ追加してください。「10歩動かす」のブロックは、青色の「動き」の中にあるブロックです。

緑の旗をクリックしてプログラムを実行してください。ネコがステージ右のほうに向かって、手足を動かしながら移動しました。

画面右側の端まで行くとネコが見えなくなってしまいました。一旦プログラムを停止し、ステージ上のネコをドラッグしてステージ中央に戻します。続いて「もし端に着いたら、跳ね返る」のブロックを新たに追加して再度プログラムを実行してみましょう。

ネコが左右行ったり来たりするように動くようになりました。プログラムを停止しない限りは、ずっとネコが左右に移動し続けます。

左側に移動するときにネコは上下逆さまに表示されています。不自然に見えますので、逆さまに表示されないよう設定したいと思います。プログラムを実行して、ネコが上向きで表示されているところで、プログラムを一旦停止(緑の旗の隣の赤い丸を押す)してください。その状態で、以下のようにスプライトの回転の設定を変更します。ネコの画像の左側に小さなボタンが3つあり、現在は、一番上の丸い矢印が選択されています。これは、スプライトが跳ね返った際に回転するという意味です。

上から二つ目の左右方向の矢印のボタンをクリックして設定を変更します。

これで設定完了です。再度プログラムを実行してみましょう。

右の画面端で跳ね返った後でもネコは上下逆さまにならなくなりました。この項では、スプライトを表示したり、非表示にしたり、左右に自動で動かす処理を実装しました。例えば、ゲームだと、敵が自動で移動するような処理で使用するといいでしょう。もっと複雑な動きも可能ですが、まずは基本からきちんとマスターして頂ければと思います。

 

あわせて読みたい