スクラッチとは

これまでお子さんがパソコンを使用するにあたって、パソコンの設定方法について説明してきました。続いて、本サイトのメインである、スクラッチについて解説します。

 

スクラッチとは、MIT(マサチューセッツ工業大学)メディアラボが開発した、子供向けのプログラミング言語です。プログラミングと一口に言っても、実はさまざまなコンピューター言語がありますが、子供やプログラミング初心者の方が理解しやすいようビジュアル的な表現で、まるでレゴや積み木で遊んでいるようにプログラミングを行うことが可能です。

 

最近、レゴマインドストームやマインクラフトが子供の間でも流行っていますが、スクラッチを用いたプログラミングはより自由でより多くのことが実現できる非常にすぐれたプログラミング開発環境であると言えるでしょう。

 

スクラッチ公式サイトでは、以下のようなことを行うことが可能です。

 

・作る

ブラウザを使って、プログラミングが可能です。ここでプログラムを書きます。また、作成したプログラム(ソースコード)はスクラッチサイト内に保存が可能です。なお、この部分をスクラッチ2.0と呼びます。

 

作る:スクラッチでプログラムを作成する。

https://scratch.mit.edu/projects/editor/?tip_bar=home

 

・見る

他のスクラッチユーザが作成したプログラムを楽しんだり、参考にソースコードを見たりコピーや改変(リミックス)することが可能です。中には、市販のゲームを模したプログラムもありスクラッチの可能性を体験することが可能です。

 

見る:他のユーザが作ったスクラッチプログラム作品を見ることができる。

https://scratch.mit.edu/explore/?date=this_month

 

・話す

掲示板形式のフォーラムです。プログラムに関する質問や、世界中のスクラッチユーザとコミュニケーションを取ることが可能です。

 

話す:

https://scratch.mit.edu/discuss/18/

 

プログラムを作成するには上記の「作る」の他に、専用アプリケーションをパソコンにインストールする方法があります。アプリケーションのバージョンから、スクラッチ1.4と呼びます。ブラウザ上で使用するスクラッチをスクラッチ2.0と呼びます。

 

■参考

 

レゴマインドストーム:

https://education.lego.com/ja-jp/preschool-and-school/secondary/mindstorms-education-ev3

マインクラフト:

https://minecraft.net/

スクラッチ:

https://scratch.mit.edu/

あわせて読みたい