まずはスクラッチを触ってみましょう

本サイトでは、親子で楽しむプログラミングの題材として、「スクラッチ(Scratch)」というプログラミング言語をおすすめしています。詳細は後ほど説明したいと思いますが、プログラムはさまざまな種類(言語(げんご)といいます)があり、スクラッチとは、MIT(マサチューセッツ工科大学)が開発した、子供向けのプログラミング言語(と開発環境)です。

 

スクラッチは、子供向けのビジュアルプログラミング言語です。様々な機能を持つブロックをつなぎ合わせることでプログラムを作成し画面の中のキャラクターを動かしたり音を出したりすることが可能です。それらの機能を組み合わせると簡単なゲームやアニメーション等が直感的に、かつ短時間で制作が可能です。

 

また、作成したプログラム作品は保存したり、スクラッチ公式サイトを通じて世界中に公開(共有)が可能です。世界中のスクラッチユーザの作成したプログラムやゲームを自由に試したり遊ぶことが可能です。なかには市販のゲームにも劣らない高いクオリティのゲームも多数存在します。

 

まずはプログラミング、スクラッチがどんなものかを体験してみたいと思います!

 

画面各部の名称や言語仕様等は後ほど詳しく説明してゆきますが、まずは何はともあれ実際に触ってみて、スクラッチがどんなものなのか体感してもらえればと思います。

 

それでは、インターネット接続可能なWindowsパソコンまたはMacパソコンのいずれかをご準備ください。

 

まず、ブラウザソフトを開き、スクラッチ公式サイトにアクセスしてください。URLの「.edu」はeducationの略で、アメリカ合衆国の教育機関のためのドメインです。スクラッチはブラウザ上から使用可能です。(後述しますが、インストールするタイプのアプリケーションも存在します。)

https://scratch.mit.edu/

スクラッチ公式サイトのトップページが表示されました。続いて、画面左上のScratchロゴ隣の「作る」をクリックしてください。するとプログラムを作るための画面に切り替わります。(この機能は、ブラウザプラグインのFLASHを使用していますので、もしもプラグインをインストールしていない場合、FLASHのインストール画面になります。)

これがプログラムを実際に作る画面になります。画面中央には何やらカラフルなブロックが並んでいます。それでは、早速簡単なプログラムを作成してみましょう。各部の正式な名称や使い方は後述します。まずは触って体験してみたいと思います。

 

画面左上には、オレンジ色のネコが表示されています。このネコを動かす(歩かせる)プログラムを作ってみましょう。ご心配なく、とても簡単です。以下の手順にしたがって操作してみてください。

中央のエリアにはさまざまなブロックが並んでいます。上部の「動き」「見た目」といった色のボタンをクリックすると、その下のブロックが変わります。このブロックがプログラミングで使用する命令群になっています。

 

ブロックから右側のエリアは、実際にプログラムを作る場所になります。そこに以下のようにブロックを並べて積み上げてみてください。(たぶん数分で終わる作業です。)

 

(これから作るプログラム)

3つのステップに分けてプログラム作成の手順を説明します。現時点では体験することが目的なので、まだ特に内容を理解する必要はありません。

 

1)材料を準備

 

まず、プログラミングの材料となる必要なブロックを準備します。料理に例えると、必要な食材を冷蔵庫から取り出す作業だと思ってください。

 

真ん中のエリア上部で色を選び、その下のブロックを右側のエリアにドラッグ(マウス左クリックでブロックを移動)します。間違えて置いたブロックはそのブロック上で右クリックから「削除」を選ぶと消すことができます。

最初なので、詳細に説明します。

 

濃い橙色の「イベント」をクリックし、「(緑色の旗)がクリックされたとき」を右側のエリアにドラッグします。

橙色の「制御」をクリックし、「回繰り返す」を2つ、「秒待つ」を2つ右側のエリアにドラッグします。

緑色の「ペン」をクリックし、「消す」と「ペンを下す」を右側のエリアにドラッグします。

青色の「動き」をクリックし、「X座標を、Y座標を にする」と「(右回り矢印)度回す」、そして「歩動かす」を2つ右側のエリアにドラッグします。

紫色の「見た目」をクリックし、「次のコスチュームにする」を右側のエリアにドラッグします。

全部で12個のブロックが並べられましたか?全体でこんな感じです。

これで材料が揃いました。

 

2)パラメーターを変更

 

続いて、いくつかのブロックのパラメーター(白丸の中の数字)を変更します。料理に例えると、材料を料理するために包丁で加工する作業だと思ってください。

 

各パラメーター部分をクリックした後に、入力したい数値を半角数字で入力します。

 

制御ブロックのパラメーターを変更します。

動きブロックのパラメーターを変更します。

いくつかのパラメーターを変更しました。全体でこんな感じです。

3)ブロックを配置

 

最後に、これらのブロックを順番にならべてゆきます。料理に例えると、実際に調理する作業にあたります。完成まであとわずかです!

 

ブロックをドラッグして、配置します。ブロックは近づけると上下でくっつきます。「回繰り返す」は、「コ(反対向き)」の字の中にもブロックを配置することができます。間違ってくっつけても何度でもやり直しができます。以下のように順番に並べてみてください。

以上でプログラムが完成です。これだけの作業でプログラムが完成してしまいました!勘のいい方は、もう何をするプログラムかわかる方もいるかもしれません。「座標」や「度」といった数学で使用する言葉がありますが、決して難しいものではありません。

それでは、この作成したプログラムが、実際にどう動くのか試してみたいと思います。プログラムを実際に動かすことを「プログラムを実行する」といいます。(走らせると言う方もいます)

 

それではプログラムを実行してみましょう。プログラムを実行するには、左のネコのいる画面の右上にある緑色の旗をクリックしてください。ここに緑色の旗と赤い●があります。これはオーディオの「再生」と「停止」と同じような働きをしています。つまりプログラムの「実行」と「停止(終了)」です。

緑の旗をクリックすると、プログラムが実行されました。ネコが足を動かし歩きながら四角く線を引き、もとの場所に戻ってきました。もしも上記実行画面と同じようにならないようでしたら、ブロックの種類や置き方、パラメーターが間違っているかもしれません。プログラムを停止(赤い●をクリック)して、前に戻って修正しましょう。この実行してうまく動かない箇所を見つけて、プログラムを修正することをプログラミングでは、デバッグと呼びます。

 

スクラッチではプログラミングとは、(主に)さまざまな機能のブロックを組み合わせて積み上げる作業を指します。そして、プログラムの実行とは、積み上げたブロックを上から順番に処理することを意味しています。

 

内容についての説明は後述いたしますが、実行結果を踏まえ、おそらく直観的にブロックの意味を理解できるのではないでしょうか。上から順番にブロックに書かれている言葉を読むと、ネコのキャラクターに何かしら命令している様子がわかるかと思います。これは、スクラッチがビジュアルプログラミング言語として優れている点です。

 

また、今回とりあえず体験する目的で、小さなシンプルなプログラムを皆さんに作成頂きましたが、上記プログラムの中に実は、プログラミングの基本制御構造である、「順次処理」と「反復」が含まれています。(構造にはもうひとつ「分岐」があります。)少々乱暴な言い方になりますが、この3つの基本制御構造を使いこなせることが、プログラミングができるという意味になります。

 

■プログラムの3つの基本制御構造

1)順次処理の構造

順に処理を実行する

2)条件分岐の構造

条件により処理を選択する

3)反復の構造

処理を繰り返し実行する

 

いかがでしたか?このようにスクラッチは簡単な操作でプログラミングが可能、かつプログラミングの基礎を学ぶ最適な教材であると言えます。本サイトでは、スクラッチをご家庭で子供に提供する、親子でプログラミングを楽しむにあたってのさまざまなノウハウを提供いたします。

 

■参考

 

MIT

http://web.mit.edu/

アメリカ合衆国の名門校のひとつ。世界大学評価機関の英国Quacquarelli Symonds(QS)による世界大学ランキングでは、2012年以来2015年まで、ハーバード大学及びケンブリッジ大学を抜き、4年連続で世界第一位である。

 

スクラッチ

https://scratch.mit.edu/
MITが開発した初心者向けプログラミング言語であり、特に8歳から16歳向けに設計されている。アニメーションやゲームを簡単に作ることが可能である。

あわせて読みたい